2022年04月24日

夜の森

夜ノ森駅
新装された夜ノ森駅の駐車場にV40 D4を停めて、

夜の森 桜並木
時季を外した、夜の森 桜並木を歩く。

夜の森 桜並木
たまに車が通る以外、人気はほとんどない。多くは今年に解除された区域で当然。

夜の森
横の道を見たら、2羽のキジがいた。

夜ノ森駅
夜ノ森駅に戻る。

夜ノ森駅
3年前の子供たちの作品だそうだ。色の都合で読める文字は「とみおか」。

夜ノ森駅
駅近くの桜の老木。

posted by Tak at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | V40 D4

2022年04月22日

The Turning Year / Roger Eno

The Turning Year / Roger Eno

Roger Enoのソロ作品。
多くの曲で共演しているストリング アンサンブルによって、彼のゆったりとした落ち着く曲が広がりが増している。
彼の作品をリリース日に入手するのは、兄Brianとの共作を除くと初めてかも。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年04月17日

雨の合間にちょっと

保土ヶ谷宿
当初は所用に行くのにF900XRを使い、そのまま観音崎でも行こうと思っていた。
すると、朝から雨。所用は電車にして、F900XRのその後。

保土ヶ谷宿
写真は旧東海道 環状1号線の保土ヶ谷宿のあたり。この辺りはその雰囲気はない。
F900XRのテールランプとDRLが点いているのがわかる。
タイトルには偽りありで、自宅到着10分程度前からしっかりした雨になってしまった。

今日の走行距離は約60km。

posted by Tak at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | F900XR

2022年04月16日

Serpentina / Banks

Serpentina / Banks

BanksことJillian Banksの4作目のスタジオアルバム。
Apple MusicでのジャンルはAlternativeだが、子供のようなボーカルに電子的であり重々しい。万人向けとは言い難いが、前作より良い曲が多いように思う。
タイトルのSerpentinaは、serpentineに基づく彼女の造語らしい。

posted by Tak at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年04月09日

葉山

芝崎
F900XRで初タンデム。ちょっと葉山まで。
暖かくて走りやすかった。

慣らしの残りはほぼ800km。

posted by Tak at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | F900XR

2022年04月03日

夏タイヤ入れ替え、オイル交換、そして...

V40
ボルボ・カー 横浜西口で、夏タイヤへ入れ替えるとともにオイル交換を依頼。

V40 D4
合わせて、2年以上前の、おそらく飛び石によるヒビの再確認を依頼。2年前は様子を見ることになっていた。

V40 D4
先月にヒビが成長していることに気づいたので。どうやら交換することになりそうだ。

posted by Tak at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | V40 D4

2022年04月02日

山中湖

スターバックス 厚木及川店
今日も下道慣らし運転。まずはスターバックスで朝食。

坂尻
県道64 坂尻バス停近くの桜。

宮ヶ瀬湖畔園地
宮ヶ瀬湖畔園地でトイレへ。周囲では今日のイベントの準備中。

道の駅 どうし
R413から外れた青野原の桜は咲いていたが、ちょうど片側一車線閉鎖して工事中で、バイクを停められず。
道の駅 どうしで休憩。流石に寒い。この後、山伏峠では外気計が1度を指し、路面のヒビに溜まった水が凍った様子があった。

長池親水公園
富士の頭が出るまで待つ気がしなかったので、この写真。

道の駅 ふじおやま
道の駅 ふじおやまで休憩。

F900XR
F900XRでは初めてのガソリン残量警告。もう少し走って、60kmを切ってから給油した。
昨日・今日と黄砂だろうか、ディスプレイが埃を被ったようになる。

慣らしは4分の1を過ぎ、残りは900kmを切った。

走行距離170km、平均速度41km/h、平均燃費22.7km/l。

R246 - R412 - 県道63 - 県道60 - 県道64 - ? - 県道64 - R413 - 県道729 - R138 - R246

posted by Tak at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | F900XR

2022年04月01日

Tentacles / Stick Men

Tentacles / Stick Men

Stick Men (Tony Levin, Pat MastelottoMarkus Reuter)、おそらく6年ぶりのオリジナル作。ただし、EPであり、5曲30分ほど。
曲のアレンジと演奏の完成度が高い。コロナ禍で集中できたのだろうか。
7月には来日するそうだし、2年前のようならず、演奏を堪能できることを期待。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

三浦半島

三浦市南下浦町松輪
タンデムのつもりだったが、なかなか天候が回復しない上、気温も低いので、一人で。ダラダラと下道で三浦半島の先端近くまで。

すかなごっそ
さすがに平日はこちらは空いている。すかなごっそもバイクは僕だけ。

F900XR
泥はねは、トップケースの下側にこのように。

今日走れたのは90kmほど。まだ先は長い。
停止時のニュートラル、2速から落とす方は入りやすくなってきた。

posted by Tak at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | F900XR

2022年03月26日

F900XRのマニュアルを読む

この週末は手元にF900XRがない、ではなく手元に僕がいないため、ただマニュアルを読んでいる。

F900XRはC400Xと同世代のため、マニュアルも似ているが、具体的な説明がないところも同じ。液晶メーターの具体的な表示内容の説明や、設定値の説明は一切ない。

そして、物を見ながらならばわかるかもしれないことも、文章と図からだけでは難しい。
例えば、以下は英語のPDF版から引用した図だが、「スペアキーまたバッテリーが空になって折りたたんで無線キー1を、リングアンテナ2に潜り込ませす。」と言われても、想像が難しい。
F900XRのマニュアル

ところどころ誤訳も気になる。
「操作焦点」はおそらく英語版での「operating focus」で、訳す必要のないメニュー項目の「My Vehicle」が「私の車両」になっているのは、まだ可愛い。
ローダウン仕様のモーターサイクルでコーナリングを行う場合に、車両部分を通常より早めに起こすことができます。は意味がわからなかった。どうやら該当する英文はWhen a motorcycle with lowered suspension is cornering, certain components can come into contact with the surface at a bank angle less than that to which the rider is accustomed.で、「通常より浅いバンク角で接地する」で全く意味が違う。

さて、エンジンオイルレベル確認時に垂直に立てる必要があるそうで、センタースタンドの無いこのF900XRには厳しい。当面は二人がかりで見るしかなさそう。フロントブレーキフルードオイルも垂直に立てる必要があるそうだが、これはバイクにまたがったままで見れるだろうから、おそらく大丈夫。

マニュアルではないが、BMWが使う用語は個性がある(要はおかしい)のも気になる。液晶メーターは「TFTディスプレイ」。それでは単に液晶の種類だけど。
また、Bluetoothで表示される名前は「ICC6.5in」。どう見ても開発コード。せめてバイクの名前にならないものか?
これらはC400Xでも同じだった。

先週も書いたように、C400Xの時は中国語フォントで日本語表示のため読みづらくて気になったが、F900XRでは修正された。しかし、いまだにメーターの表示はおかしいまま。
下の写真では「航続距離」が「航続距離」になっているのがわかりやすい。細かくはハネの方向が違うが、糸偏の下側が異なるのが大きな差異。気にならない人は気にならないだろうけど。
F900XR

posted by Tak at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | F900XR