2014年11月11日

The Endless River / Pink Floyd

The Endless River / Pink FloydPink Floydの20年ぶり新作、とのふれこみだが、実際は1994年The Division Bellのセッション収録から抜き出したもの。
インストルメンタルだが、その由来のためか、どうもカラオケ感がする。やっぱり、Daveのボーカルがほしいな。
(HDtracksから購入)

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年10月15日

SUPERCOLLIDER, Disc 2: UNLEASHED / Stick Men

SUPERCOLLIDER, Disc 2: UNLEASHEDLIVE IMPROVS 2013とサブタイトルにあるように、Tony Levinを中心としたStick Menのimprovisationを集めたアルバム。1枚目の方は既存の曲のリマスターのため、購入せず。
テクニックのあるメンバーなので、即興演奏も十分に聴けるが、さすがに感動するようなメロディではない。
コレクターズアイテムかな。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年10月04日

Europa / Holly Johnson

Europa / Holly Johnson1990年にVangelisと共作した曲(表題曲 Europa)があるそうなので、買ってみた。
Holly Johnsonのことは、嵐のようだったFrankie Goes to Hollywoodでしか知らない。声は変わっておらず、コードをリズミカルに演奏する現代的なアレンジは良いが、共作2曲を除くと単調な感じ。
今回の購入はiTunes Storeからのダウンロード。ブックレットを見たかったので、Bonus Track Versionにした。それを見ると、EuropaではVangelisも少々演奏しているらしい。
さらにTheremin、DX7、Mini Moog、Arp 2600と言った多数のビンテージシンセサイザーを使用しているとのこと。
ジャケットは画家でもある彼の作品。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年09月19日

LEVIN BROTHERS

LEVIN BROTHERSPeteとTonyLevin兄弟初の共作。レトロな感じのジャズアルバム。
僕はジャズを評価できるほど知らないが、テクニシャンたちのリズム感が心地よい。
購入したのはサイン入り。8日にUSを出荷されて、今日到着。
それにしてもTonyは相変わらずよく働いている。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年09月10日

Songs of Innocence / U2

Songs of Innocence / U2iPhone 6発表と同時に、AppleがiTunesユーザーに無償配布したアルバム。
今まではCDを買ってきたが、今回はこれでいいか。AAC 256kbpsであるが、Mastered for iTunes
いい曲ではあるけれど、これまでのインパクトに比較すると弱い感じがする。
気に入ったのは10曲目"This Is Where You Can Reach Me Now"。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年08月16日

She's So Unusual / Cyndi Lauper

She's So Unusual / Cyndi Lauperなんとなく購入した。まさに1980年代前半のサウンド。
意外にも懐かしい感じがしないのは、彼女を当時にあまり聴かなかったからかな。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年07月23日

Sanctuary / Robert Reed

Sanctuary / Robert ReedRobert ReedがミュージシャンとなるきっかけとなったMike OldfieldのTubular Bellsに触発された作品。
曲の構成や楽器はそのままTubullar Bells。もちろんメロディは異なる。
本作を購入したのは、事前公開された映像がおもしろかったから。
良い曲だが、Mikeほどの独創性はない。当時20歳になっていなかったMike、恐るべし。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年06月30日

HIGH LIFE / ENO・HYDE

HIGH LIFE / ENO・HYDEBrian EnoKarl Hydeの2作目。
前作から2ヶ月しかたっていないのにも関わらず、まったく違うアルバムになっている。
アップテンポで、BrianとDavid Byrneが30年以上前に作ったMY LIFE IN THE BUSH OF GHOSTSに近い。
とは言っても古いわけじゃない。いいなあ。
今回は、enoshopから24bit wavで購入したが、なぜか1曲目以外は16bit wavだった。サイトにクレームを入れているところ。

(追記)クレームを入れたのが現地時間の昼間だったためか、すぐに返事が来て再ダウンロードでき、解決した。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年06月16日

ToPaRaMa / Pat Mastelotto & Tobias Ralph

ToPaRaMa / Pat Mastelotto & Tobias RalphおそらくThe Crimson ProjeKCtで共演したことがきっかけであろう、2人のドラマー、Pat MastelottoTobias Ralphの6月15日発売作品。タイトルは彼らの姓名の初め2文字ずつと思われる。
Patが好きなドラマーの一人であるだけでなく、Tony Levinも参加していることから購入。
TobiasはThe Crimson ProjeKCtの時は一人地味な印象だったが、本作では二人で重低音なリズムを奏でている。ポリリズムの嵐でもある。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年05月29日

Heartbeat City / The Cars

Heartbeat City / The CarsHDtracksから届いた割引案内の中にあったので、購入。1984年の大ヒットアルバム。
彼らのオリジナルアルバムは、実質ラストのDoor To Doorしか持っていなかったため、全盛期をちゃんと聴いたのは初めて。
シングルカットされなかった曲は、雰囲気がRic Ocasekのソロや3年前の再結成アルバムと変わらなかった。
彼はなんでヒットしなくなったのかわからないかもね。僕もわからないけど。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年05月17日

A BOY NAMED CHARLIE BROWN / Vince Guaraldi Trio

A BOY NAMED CHARLIE BROWN / Vince Guaraldi TrioPeanutsが好きだ。

純粋にいいジャズ。
ただし、この作品がつけられた映像は50年前に最初のPeanuts関連として作られたものの、純粋なアニメーションではなく、ドキュメンタリーだそうだ。しかも、当時は放送されなかったとか。
(Amazon.co.jpアソシエイト)

posted by Tak at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年05月10日

George & Jonathan III

George & Jonathan III二人組らしいGeorge & Jonathanの3枚目らしい。
いわゆるテクノとかエレクトロニカだが、とても聴きやすく、気に入った。
ぜひ見てほしいのは、彼らのWebページに掲載されたビデオ。WebGLに対応したWebブラウザならば、MIDI信号をリアルタイムに3D表現した映像を見れる。もちろん全曲視聴可能。
iTunes Storeでも扱っているが、ジャケットのリンク先のbandcampの方が言い値で非圧縮音源を買えるのでお得。

posted by Tak at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年05月02日

SOMEDAY WORLD / ENO・HYDE

SOMEDAY WORLD / ENO・HYDEBrian EnoKarl Hydeの作品。サイトもできていて、録音風景などを見れる。
今回はBrianのポップ路線で、なかなか良い。
Brianは多彩な人だ。アンビエントからポップミュージックのプロデュース、映像作品まで。
Karlのことはほとんど知らない。彼のグループ、Underworldの曲を聴いてみよう。
(Amazon.co.jpアソシエイト)

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年03月05日

MAN ON THE ROCKS / Mike Oldfield

MAN ON THE ROCKS / Mike OldfieldMike Oldfield、6年ぶり、3月3日発売アルバム。
今回はとても久しぶりにポップロックアルバム。
1曲目、Sailingは懐かしい彼のギター、メロディでとても良い。でも、残りの曲は凡庸。
共同プロデューサーのStephen Lipsonを始めとした老練なメンバーの中に、若手グループThe StrutsのLuke Spillerをボーカルに起用。と知ったかぶって書いたが、僕はLukeもThe Strutsも何も知らない。期待できそうではある。
なお、音楽会社の変遷で、再びVirginレーベルになっている。
(Amazon.co.jpアソシエイト)

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年02月26日

Jacaranda / Trevor Rabin

Jacaranda1980年代Yes、最大の功労者にして業界に翻弄されたTrevor Rabinの2012年ソロアルバム。
彼はルックスも良く、ギターだけでなくキーボード、さらにはボーカルもでき、作曲もすばらしい才人である。ロックギタリストであったのに、1990年代以降は映画音楽での活躍。
本作は力が抜けて緩やかに、フュージョンにも近いロックインストゥルメンタル。南アフリカ出身であるが故の苦労も乗り越えた落ち着きを感ずる。
(Amazon.co.jpアソシエイト)

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

St. Vincent

St. Vincent2012年のDavid Byrneとのコラボレーションで初めて聴いたSt. Vincentの25日発売ソロ作品。
詩もメロディも演奏も良い。一番の好みは3曲目、Prince Johnnyかな。シングルカットされた5曲目、Digital Witnessもブラスをバックにしていて良い。
ライブを見たいが、日本には来ないかな。
(Amazon.co.jpアソシエイト)

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年01月18日

Come Away with Me / Norah Jones

Come Away with Me / Norah Jones昨年末から高解像度音源を試していて、ちょうどHDtracksから女性ボーカリストの15%引きの案内が届いたので、前から気になっていたNorah Jonesのデビューアルバム(2002年)を購入。
シンプルな音に、静かな優しいボーカルがすばらしい。
高解像度音源については、また別の機会に。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2014年01月17日

Power Play / Stick Men

Power Play / Stick MenTony Levin, Pat Mastelotto, Markus Reuterの3人組、Stick Menのライブアルバム。
購入は今のところ、リンク先の直販のみ。ダウンロードかCDを選べるが、CDは2月10日発売。以前と同じく、最低価格が示されていて、それ以上を指定できるのがおもしろい。
さらに、もう終わってしまったが、予約開始時にSNSで知人等にアピールすると、別のライブ音源"Live in Montevideo 2011 (Audience Bootleg)"がダウンロード提供された。
さて演奏はライブであるのにも関わらず、完成度は高い。Tonyは言うまでもないが、Patのドラムスは聞く度に進歩しているように思う。そして、黙々と演奏するのがMarkus。

posted by Tak at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2013年11月21日

REFLECTION / Hooverphonic

REFLECTION / Hooverphonicベルギーのグループ、Hooverphonicの11月14日発売作品。ボーカルがNoémie Wolfsになってから2作目。
中心人物Alex Callierはわかりやすいポップな曲を書くが、今回はちょっと難しいかも。何回か聴かないとわからない。
彼らが面白いのは、AlexもギターのRaymond Geertsも演奏していない曲があること。
メロトロンを多用しているのもおもしろい。
今回はHooverdomesticなるコンセプトで、ファンの家を借りて録音している。そのため、今までとは違う感じなのかもしれない。
10曲目、Gravityが最もいいかな。
(Amazon.co.jpアソシエイト)

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2013年10月15日

ZANG TUUM TUMB the organization of pop

ZANG TUUM TUMB the organization of pop"music from the first thirty years of ZTT RECORDS"とサブタイトルのついた、Trevor Horn率いるZTTレーベル30周年コンピレーション。
彼らの全盛期である1980年代の曲を中心に27曲、2時間半。さすがに今聞いても素晴らしい曲ばかり。
Tom JonesからRakimまで幅広いのは、彼らならでは。
ブックレットはアーティスト紹介はあるものの、収録曲の発表年や作曲者が書かれていないのはいただけない。
(Amazon.co.jpアソシエイト)

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music