2016年08月06日

Junk / M83

Junk / M83昨年のJean Michel Jarreのアルバム、ELECTRONICA 1で共演していて気になったM83の4月発売作品。
今までの彼の作品は知らないが、聴きやすいボーカル入り電子音楽。雰囲気はDaft PunkのRandom Access Memoriesに似ていてメロディもとてもいいが、泣かせるのはDaft Punkの方かな。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年08月01日

Project Excelsior / Adam Young

Project Excelsior / Adam YoungOwl Cityとして活動しているAdam YoungがAdam Young Scoresとして発表している妄想映画音楽もしくはデモテープシリーズの7作目。
Project Excelsiorと言う米空軍の超高空パラシュート降下を描く。そのようなテーマのためか、今まででの映画音楽然としたオーケストラ風曲より、最もOwl Cityに近いアレンジで聴きやすい。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年07月16日

From the Law Offices of Levin Minnemann Rudess

From the Law Offices of Levin Minnemann Rudess

Tony LevinMarco MinnemannJordan Rudessプロジェクト、2作目。
前作は2013年で、Jordanが目立ちすぎの感じがしたが、本作はバランスが取れている。全体的にヘビーな感じ。2人のリズム感はさすが。
タイトルの背景は知らないが、それに合わせた格好に、それらしい曲のタイトルがある。
今回は、Pledge Musicからダウンロード購入。

posted by Tak at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年07月01日

Miracle in the Andes / Adam Young

Miracle in the Andes / Adam YoungOwl Cityとして活動しているAdam YoungがAdam Young Scoresとして発表した妄想映画音楽もしくはデモテープシリーズの6作目。
Andes Flight Disasterとして知られる飛行機墜落事故と生還を描いている。悲惨なエピソードが多いためか、曲も静か。
11作のシリーズらしいので、まだ当分続く。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年06月10日

Sanctuary II / Robert Reed

Sanctuary II / Robert ReedRobert ReedがミュージシャンとなるきっかけとなったMike OldfieldのTubular Bellsに触発された前作Sanctuaryに続く作品。
前作はそれでも独自の作品になっていた感じはあるが、本作はMikeの曲の断片が所々に出て、意図的だろうが、寄せ集めの感じが否めない。もうこのシリーズは十分と思った。
Bandcampからダウンロード購入。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年06月01日

Omaha Beach / Adam Young

Omaha Beach / Adam YoungOwl Cityとして活動しているAdam YoungがAdam Young Scoresとして発表した妄想映画音楽もしくはデモテープシリーズの5作目。
第二次世界大戦の激戦地を描いているためか、パワーが戻ったような気がする。
少なくとも来月も出すようだ。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年05月06日

ELECTRONICA 2: THE HEART OF NOISE / Jean Michel Jarre

ELECTRONICA 2: THE HEART OF NOISE / Jean Michel JarreJean Michel Jarreがエレクトロニックミュージック、ベテランのミュージシャンや音楽家と共作したアルバムの2作目。その中にはなぜか、Edward Snowdenも。
全体としてシンプルなダンスミュージックで良いのだけど、iTunes Storeからの購入にはなぜか全ての曲が合体された1時間以上の曲があり、困惑。おかげで、全21曲で2時間38分になっている。印象も発散してしまう。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年05月04日

The Ascent of Everest / Adam Young

The Ascent of Everest / Adam YoungOwl Cityとして活動しているAdam YoungがAdam Young Scoresとして発表した妄想映画音楽もしくはデモテープシリーズの四作目。
映画音楽としては良いが、単独の音楽としてのパワーは落ちてきた感じがする。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年04月27日

The Ship / Brian Eno

The Ship / Brian EnoBrian Eno、久しぶりの作品。
今回はambient musicだが、彼のボーカルが入る。僧院で流したらちょうど良い感じ。
彼の優しいボーカルは、ENO/CALEのWRONG WAY UPで初めて聴いて以来、好み。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年04月01日

The Spirit of St. Louis / Adam Young

The Spirit of St. Louis / Adam YoungOwl Cityとして活動しているAdam Youngが、ポップスターとしてのプレッシャーの中から本来の自分のやりたかったことを見出して、Adam Young Scoresとして発表した妄想映画音楽もしくはデモテープシリーズの三作目。
登録すれば、無料でMP3形式(320kbps)をダウンロードできる。あるいはiTunes StoreやApple Music、Spotifyから聴ける。
29分と短いが、相変わらず素晴らしい作品。少なくとも来月はあるようだが、本当に映画音楽の依頼が来るまで続けるのだろうか。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年03月18日

In Wonderland / Hooverphonic

In Wonderland / HooverphonicHooverphonic、1995年から通算9枚目のスタジオアルバム。
前作後に、ボーカルのNoémie Wolfsが抜けてしまい、主要メンバーのAlex CallierとRaymond Geertsのみになっていた。
Noémieが今までのメンバーに比較して短期で抜けてしまったことで、彼らも考えたのかもしれない。今回は専任メンバーではなく、10曲に対し、5組のゲストボーカルを起用。彼らの曲では初めての男性ボーカルまで。
今まで通りRaymondの演奏は2曲と少なく、ますますAlexの個人プロジェクトになっている。
作曲にはゲストボーカルも参加しているため、今までと雰囲気の異なる曲も多いが、オーケストラが被るのは、やはりHooverphonicだ。10曲で35分足らずが残念。

posted by Tak at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年03月04日

RMS Titanic / Adam Young

RMS Titanic / Adam YoungOwl Cityとして活動しているAdam Youngが、ポップスターとしてのプレッシャーの中から本来の自分のやりたかったことを見出して、Adam Young Scoresとして発表したシリーズの二作目。
登録すれば、無料でMP3形式(320kbps)をダウンロードできる。あるいは、iTunes StoreやApple Music、Spotifyから聴ける。
一作目同様、素晴らしい作品。このペースでいつまで続くのだろうか。
実はiTunes Musicに加入していると、無料MP3をAACに変換できる。

posted by Tak at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | music

Apollo 11 / Adam Young

Apollo 11 / Adam YoungOwl Cityとして活動しているAdam Youngが、ポップスターとしてのプレッシャーの中から本来の自分のやりたかったことを見出して、Adam Young Scoresとして発表したシリーズの一作目。子供自体以来の映画音楽への憧れから、擬似映画音楽を作っている。
登録すれば、無料でMP3形式(192bps)をダウンロードできる。あるいは、iTunes StoreやApple Music、Spotifyから聴ける。
曲は映画音楽風インストゥルメンタル。もちろん単品として素晴らしく、改めて彼の才能に感心した。

posted by Tak at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年02月13日

NOISE AND GIRLS COME OUT TO PLAY / A COMPACT INTRODUCTION TO PROPAGANDA

NOISE AND GIRLS COME OUT TO PLAY / A COMPACT INTRODUCTION TO PROPAGANDAもっぱら1980年代に活動したグループ、Propagandaの2012年に発売されたリミックス集。
Amazon.co.jpのお勧めに引っかかって購入。目新しさはないが、コレクションには良し。
(Amazon.co.jpアソシエイト)

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年01月28日

ANTI / Rihanna

ANTI / Rihanna

本日リリースRihanna作品。
今までの作品に比較すると、すぐにはまるメロディはないが、彼女の特徴的なボーカルが活きている。
なぜかTIDALから無料でダウンロードできるキャンペーンで入手。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年01月08日

★ / David Bowie

★ / David Bowie彼の69歳の誕生日である1/8発売、David Bowie作品。★は"Blackstar"と読むそうだ。
ゆったりした曲なのに激しさもあり、そしてかっこいい。
ただし、表題曲のプロモーションビデオは意味不明な不気味さ。
(iTunes Storeで購入)

(2016/1/11追記)昨日、彼が亡くなったそうだ。18か月闘病していたそうだから、遺作との認識もあったのだろうか。表題曲は、"I'm a blackstar"に続いて、意味深な歌詞になっている。何はともあれ、冥福を祈る。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2016年01月03日

Honest Hearts / The Lake Poets

Honest Hearts / The Lake Poets

Martin Longstaffのプロジェクト、The Lake Poetsの2014年発売デビューEP。
昨年末にBowers & Wilkinsからの無料ダウンロードでライブ盤を入手し、気に入った。
静かなフォークソングのような曲。これが彼の個性だろうが、このあとマンネリ化しないで発展することを期待したい。
iTunes Storeからもbandcampからもダウンロード購入できる。

posted by Tak at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2015年11月20日

Dark Sky Island / Enya

Dark Sky Island / Enya11月20日に発売された、とても久しぶりの作品。
安定のストリングバックで彼女のイメージ通りだが、新鮮さもない。
もう買わなくても良いと思いつつも入手してしまうのなぜだろう。
(Amazon.co.jpアソシエイト)

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2015年10月19日

ELECTRONICA 1: THE TIME MACHINE / Jean Michel Jarre

ELECTRONICA 1: THE TIME MACHINE / Jean Michel Jarre10月16日に発売された、Jean Michel Jarreがエレクトロニックミュージックやベテランのロックミュージシャンと共作したアルバム。
特に前者の共作はダンスミュージック。後者の方に彼らしいフレーズ、音や演奏が出てくる。
なぜこのような形の作品にしたのかわからないが、聴きやすい曲が多いからいいか。
(Amazon.co.jpアソシエイト)

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2015年10月13日

Mundo Nuevo (Free Download) / Markus Reuter

Mundo Nuevo (Free Download) / Markus Reuter作曲家、Touch Guitar奏者、Markus Reuterの、10月12日発表作品。
価格は0 EUR以上と年内は無料ダウンロード可能で、条件は本作品を他に知らせること。僕は少々支払ったが、いつものようにここで告知。
いずれの作品もStick Menのライブ時の演奏に、後から彼の友人の演奏を重ねたもの。即興演奏で、ゆったりして明るくはない。唯一感じが異なるのはPat Mastelottoのドラムスの入った1曲目。
(直接ダウンロード)

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music