2022年06月04日

Mariangela / Mariangela Celeste and Vangelis Papathanassiou

Mariangela / Mariangela Celeste and Vangelis Papathanassiou

1975年作品。Mariangela Celesteはこの時10代のようで、イタリアとギリシャの血筋だそうだ。
Vangelisがアレンジとプロデュース、おそらくキーボードも担当しているが、作曲はしていない。Apple Musicの情報だと、全曲がDenny Beckermannの作曲になっていたが、誤りのようで、11曲中4曲はMariangelaの作曲だ。この時期らしい、良い曲が多い。
Vangelisは最も好みの音楽家だが、先日亡くなった。そのためいろいろな情報が流れようになって、本作品を知った次第。

posted by Tak at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年05月21日

Quartet Music - The Cammac Suite / David Myers

Quartet Music - The Cammac Suite / David Myers

カナダの音楽家、David Myersの作品。
タイトル通り、フルート、ヴァイオリン、チェロ、ピアノの四重奏。
5曲、30分と短いが、クラシックあるいはジャズ的な良い曲が並ぶ。
Apple Musicのジャンルは「近代」で意味がわからなかったが、英語では"Modern Era"だったので現代音楽か?

posted by Tak at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年05月07日

In a Moment's Time / 7and5

In a Moment's Time / 7and5

John H. Nixonのプロジェクト、7and5の作品。
Apple Musicに今年の3月11日リリースと出てきてダウンロードしたが、何かおかしい。
調べていくと、その日はApple Musicに登録されただけのようで、実際は2006年。ただ、一部曲の情報は2022年になっているし、Apple Musicはひどい。
彼らしい美しい電子音楽を聴く機会が増えて良しとする。
ちょうどリリースされたMaria Davisとの共作、Endless (これは彼のFacebookで書かれていたので間違い無いだろう)とほとんど同じ雰囲気を2006年から持ち続けているのはすごいかも。

posted by Tak at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年04月29日

HUMBERSTONE / IN THE NURSERY

HUMBERSTONE / IN THE NURSERY

IN THE NURSERY、4月22日リリース作品。
タイトルは主要人物二人(兄弟)のファミリーネームで、全体としてブライベートなテーマだそうだ。
曲タイトルがÉmigré (The Dressmaker)のようになっているので、最初はてっきり映画音楽かと思った。
CD等に添付されているブックレットには写真もあってテーマの背景がわかるようだ。
ただ単に重々しいだけでなく、良い。

posted by Tak at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年04月22日

The Turning Year / Roger Eno

The Turning Year / Roger Eno

Roger Enoのソロ作品。
多くの曲で共演しているストリング アンサンブルによって、彼のゆったりとした落ち着く曲が広がりが増している。
彼の作品をリリース日に入手するのは、兄Brianとの共作を除くと初めてかも。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年04月16日

Serpentina / Banks

Serpentina / Banks

BanksことJillian Banksの4作目のスタジオアルバム。
Apple MusicでのジャンルはAlternativeだが、子供のようなボーカルに電子的であり重々しい。万人向けとは言い難いが、前作より良い曲が多いように思う。
タイトルのSerpentinaは、serpentineに基づく彼女の造語らしい。

posted by Tak at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年04月01日

Tentacles / Stick Men

Tentacles / Stick Men

Stick Men (Tony Levin, Pat MastelottoMarkus Reuter)、おそらく6年ぶりのオリジナル作。ただし、EPであり、5曲30分ほど。
曲のアレンジと演奏の完成度が高い。コロナ禍で集中できたのだろうか。
7月には来日するそうだし、2年前のようならず、演奏を堪能できることを期待。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年03月19日

A Journey… / Hinako Omori

A Journey… / Hinako Omori

Hinako Omori (大森日向子)の初のフルアルバム。Apple MusicでのジャンルはElectronicだが、ゆったりとした柔らかい音、そしておそらく彼女の美しいボーカルが入る。包み込まれるような感じ。
Bandcampの解説によると、彼女は横浜生まれで、3歳でUKに渡り、ロンドン在住だそうだ。

posted by Tak at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年03月12日

Bubry Road / Stone Age

Bubry Road / Stone Age

フランスのグループ、Stone Ageの今月発売作品。
僕が持っているアルバムは25年くらい前のはずだから、失礼ながらまだ活動しているとは思わなかった。
とは言え、このアルバムは15年ぶりらしい。
変わらずの彼ららしいケルト風ポップミュージック。

posted by Tak at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年02月27日

Underwater / Ludovico Einaudi

Underwater / Ludovico Einaudi

Ludovico Einaudiのピアノソロ。
彼らしい美しい静かな穏やかな曲群。

posted by Tak at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年02月11日

Memoria / Trentemøller

Memoria / Trentemøller

Anders Trentemøllerはデンマークのアーティスト。
本作品は今日リリースで、Apple Musicのニューリリースに出てきて、試しに聴いたら良かったので、ダウンロード。
ボーカル付きの曲はゆっくり気味、インストゥルメンタル曲はリズムがはっきり、と濃淡あって良い。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年01月29日

Seriously Deep / Beledo

Seriously Deep / Beledo

Tony Levinが参加していることを知り購入した、Beledoの昨年11月発売作品。
彼はウルグアイ生まれ、ニューヨークで活動することくらいしか知らない。
Jazzに近い曲が多く、Tonyのベースがよく鳴っている。

posted by Tak at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年01月15日

Happy Christmas / Maggie Reilly

Happy Christmas / Maggie Reilly

Maggie Reillyのクリスマスアルバム。
なぜか昨日にApple Musicに現れたが、本当は昨年10月にリリースされていたらしい。彼女のアルバムは、前作Starfieldsも、なぜか今年になって新作としてApple Musicに現れた。何かおかしい。次のクリスマス前にダウンロードするのは間違いなく忘れるので、今日ダウロード。
それはともかく、クリスマス曲らしくないアレンジが多く、良い。彼女の声質は好み。

posted by Tak at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2021年11月27日

Stoned, Pt. 2 / Lewis Taylor

Stoned, Pt. 2 / Lewis Taylor

Lewis Taylor前作Tony Levinの勧めがあって2006年に購入し、非常に気に入った。
しかし、彼はその後にソロアーティストとしては引退状態になったようで、CDも購入できなくなっていた。ところが、最近、Apple Music等で聴けるようになっていた。今年後半に新アルバムを出すと発表したことと関係あると思われる。
新アルバムはもちろん気になるが、とりあえずこれをダウンロード。前作よりパワーは落ちているが、前作の別バージョン含め、彼らしい"Neo soul"な曲が並んでいる。

posted by Tak at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2021年11月13日

Pearldiving / Robin Guthrie

Pearldiving / Robin Guthrie

Robin Guthrieの11月12日公開作品。
彼らしい優しくゆったりした曲たち。
昨年末のHarold Buddの死から立ち直れたろうか。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2021年10月31日

Beneath Mexican Stars / Michael Hoppé

Beneath Mexican Stars / Michael Hoppé

Michael Hoppéの過去作品のストリングスアレンジ等からなる作品。
今回は彼の解説があった。タイトルは、彼が今はメキシコに住んでいることと関係していると思う。
彼らしい美しいが重い曲や楽しい曲から構成されていて、ゆっくり聴くのにちょうど良い。

posted by Tak at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2021年10月16日

Blue to Gold / Sarah Perrotta

Blue to Gold / Sarah Perrotta

シンガー、作曲家、ピアニスト、Sarah Perrottaの10月15日発売作品。
と言うのは知ったかぶりで、本作品まで彼女のことは全く知らなかった。実績あるようなのに。
Bandcampで視聴したら良い曲だっただけでなく、Tony Levinが参加していたり、プロデューサーはJerry Marottaだったり。ためらないなく購入。
SarahとJerryによるシンプルなアレンジがいい。
なお、Apple Music他でも配信されている。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2021年09月24日

Juno to Jupiter / Vangelis

Juno to Jupiter / Vangelis

Vangelisの木星探査機、Junoをテーマにした作品。映画音楽のような美しい曲が並ぶ。再び彼の新作を聴けるとは思っていなかったので、ただ感動。
CDを手配しているが、到着まで7日から20日はかかるらしく、今のところはApple Musicで聴いている。
おそらくCDに同梱されていると思われるブックレットが公式サイトでも公開されており、PDFで89ページもある。Vangelisのメッセージだけでなく、JunoのPrincipal InvestigatorであるDr. Scott Boltonの計画や探査結果などの長文もあり、読むのに時間がかかってしまった。美しい木星の写真も多数。
兄弟のNikoに捧げられているのは、おそらく彼が先に亡くなっているためと思われる。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2021年09月17日

The Nowhere Inn / St. Vincent

The Nowhere Inn / St. Vincent

St. Vincentが昨年に作った映画The Nowhere Innのサウンドトラック。
確かに彼女らしい曲に加えて、ボーカルの無い曲もある。
映画は今のところUS本土のみで公開。ドキュメンタリー風フィクションとのこと。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2021年09月03日

Mercury - Act 1 / Imagine Dragons

Mercury - Act 1 / Imagine Dragons

Imagine Dragons、本日発売作品。
彼ららしいドラミング、ポップなメロディが帰ってきた。
気に入った。

posted by Tak at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | music