2020年03月28日

Chimpan A : The Empathy Machine / Robert Reed

Chimpan A : The Empathy Machine / Robert Reed

Sanctuaryを始めとするTubular Bellsへのリスペクト作品等があるRobert Reedが、Steve Balsamoと制作した、2006年Chimpan Aの続作品だそうだ。
Steveの名前を聞いたことがあると思ったら、元The Alan Parsons Project、Eric Woolfsonのソロ作品に参加していたのだった。
僕が聴いたRobert作品としては初めてボーカル有りで、アレンジも凝っていて、なかなか良い。
ただし、7曲目Jack冒頭で同じメロディが少し間を開けて繰り返されるのが、とても気になる。

posted by Tak at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2020年03月22日

Gratitude / Markus Reuter

Gratitude / Markus Reuter

Stick Menのメンバーの一人、Markus Reuter。COVID-19の関連で経済的影響があり、寄付の依頼が届いた。確かに彼は、メンバーの他二人と違い、メジャーバンドにも属しておらず、すぐに影響が出る環境にありそうだ。
少額を応援のために寄付したところ、返礼として届いたのがこれ。
2012年の録音で、ambient music的な良い曲。まさに今のような状況下で心を落ち着かせるのに向いている。
尚、寄付自体は、2日で目標金額に到達している。

posted by Tak at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2020年03月20日

Mixing Colours / Roger Eno and Brian Eno

Roger Eno and Brian Eno

Eno兄弟、初の共作。
兄Brianの過去作品は非常に多彩だが、本作の柔らかい音と静かなメロディでなんとなく明るいところが弟Rogerの雰囲気。
気に入った。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2020年03月15日

PANAMERICA (Disc 1): Improvs (Bolivia, Argentina, Brazil) / Stick Men featuring David Cross

PANAMERICA (Disc 1): Improvs (Bolivia, Argentina, Brazil) / Stick Men featuring David Cross

Stick MenとゲストのDavid Crossによる、2018年南米ライブの5枚からなるアルバムの1枚目。昨日に続き購入。
1枚目は、即興曲からなるが、意外にも非常に良い作品。
ただライブ会場で10分前後の即興曲を聴くのは大変かも。
南米ライブの録音が不調だったため、特定の場所のアルバムではなく、このような構成にしたそうだ。

posted by Tak at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2020年03月14日

Roppongi - Live in Tokyo 2017, Show 1 / Stick Men featuring Mel Collins

Roppongi - Live in Tokyo 2017, Show 1 / Stick Men featuring Mel Collins

Stick MenとゲストのMel Collinsによる、2017年東京でのライブアルバム。
僕も巻き込まれた先日のライブ中止等により、案の定、以下のように彼らは大変な状況とのことなので、少しでもと思い購入した。
即興曲を除き、King CrimsonやStick Menの曲が収録されており、安定の品質。
今回、日本で唯一実施できた名古屋のライブアルバムを予定しているそうで、当然買うつもり。

posted by Tak at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2020年03月02日

中止: STICK MEN featuring TONY LEVIN, PAT MASTELOTTO, MARKUS REUTER with special guest GARY HUSBAND

Billboard Live TOKYOで今日味わう予定だった、Stick Men with Gary Husbandのライブは、先週木曜日に中止が発表された。
昨今の状況では開催が難しいことは理解するが、アーティストが既に来日していただけに残念。
次はいつ味わえるだろうか。

posted by Tak at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2020年02月21日

northlands / Tony Patterson & Brendan Eyre

northlands / Tony Patterson & Brendan Eyre

昨年7月に紹介した作品の一人Tony Pattersonと、別の一人Brendan Eyreの2014年作品。
Apple Musicではロックとなっていたが、僕も含む一般人の想像するロックではない。
ロックはベースにあるかもしれないし、歌詞もあるけれど、ノンジャンル。
ゆったりとした重い感じの曲は気に入った。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2020年02月04日

Concrete and Glass / Nicolas Godin

Concrete and Glass / Nicolas Godin

偶然、今回もフランスのミュージシャン、Nicolas Godinの作品。
聴きやすい、上質なElectro-Popだ。
彼のグループ、Airで有名らしいが、僕は知らなかった。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年12月13日

Portrait / Yann Tiersen

Portrait / Yann Tiersen

フランスのミュージシャン、Yann Tiersenの過去作品を新規に録音したアルバム。
僕は何となく購入した1995年の作品を持っているが、それからも数曲入っていた。
静かな曲が多いが、曲風は一様ではなく、飽きない。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年11月29日

The Later Years: 1987-2019 / Pink Floyd

The Later Years: 1987-2019 / Pink Floyd

Pink Floydの同名ボックスセットからの抜粋らしい。ライブ音源、リミックスなど。
完全にコレクターアイテムであり、Apple Musicに含まれなければ聴くことはなかった。
もちろん、僕がボックスセットを買うこともない。

posted by Tak at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | music

Christmas Portraits / Rick Wakeman

Christmas Portraits / Rick Wakeman

Yesのキーボード担当として有名なRick Wakemanのピアノによるクリスマス曲集。
非常に優しい美しい演奏で、素晴らしい。こんな才能もあるとは。

posted by Tak at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年11月15日

Starfields / Maggie Reilly

Starfields / Maggie Reilly

Moonlight Shadow等の1980年代Mike Oldfield作品での美しいボーカルで有名なMaggie Reillyのソロアルバム。
写真ではすっかり綺麗なおばあちゃんになっているけれども、声は変わらず美しい。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年10月27日

The Seashell and the Clergyman / In the Nursery

The Seashell and the Clergyman / In the Nursery

In the Nursery、10月25日作品。彼らの作品は初めてではないのだが、唯一持っているのが、なんと1988年作品。
本作品は、1988年作品に比べると、かなり静か。この作品だけなのか、彼らが変わってきたのかは、この30年間の多数の作品を確認しないとわからない。
いずれにしても重い感じは気に入った。

posted by Tak at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年09月30日

Rhythm of Life / 7and5

Rhythm of Life / 7and5

7and5の新作。
先日のM83と同様にElectronic musicという分野になるのだろうが、雰囲気は大きく異なる。
M83は静かに重圧な感じ、7and5のこちらは明るくわかりやすい。
どちらも好みだ。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年09月20日

DSVII / M83

DSVII / M83

フランスのプロジェクト、M83の本日発売作品。一般的には電子音楽と言われる曲群になるだろう。
全15曲を通した流れはわからないが、どの曲も美しい。

posted by Tak at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年09月14日

Pang! / Gruff Rhys

Pang! / Gruff Rhys

ジャケットに惹かれて聴いてみたら素晴らしかった。タイトルは英語なものの、歌詞はウェールズ語らしいので全くわからないけれど。プロモーションビデオは真面目なのかふざけているのかわからない。
Gruff Rhysは個人活動だけでなく、グループ活動でも有名らしい。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年09月01日

blast!: the music of Disney

渋谷ヒカリエ
渋谷ヒカリエ上階東急シアターオーブへ行き、

blast!: the music of Disney
blast!: the music of Disneyを観る・聴く。

blast!: the music of Disney
中間の休憩になった瞬間に多くの客が席を立つと思ったら、外でデモンストレーション。椅子と大きなゴミバケツで演奏している。

ディズニーミュージックはほとんど知らないが、どの曲のパフォーマンスも楽しめた。特にPirates of the Caribbeanのテーマが良かったと思う。
今回が最後の東京公演だそうだ。

posted by Tak at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年07月31日

The Floral Dance E.P. / Les Penning & Robert Reed

The Floral Dance E.P. / Les Penning & Robert Reed

Mike Oldfieldに大きく影響を受けたアルバムを出してきたRobert Reedと、Mike Oldfieldとの共作のあるLes Penningによる作品。
ほぼ民俗音楽的な5曲、16分ほど。シンプルでいいかな。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年07月23日

An Opening Act: On Tour With King Crimson / California Guitar Trio

An Opening Act: On Tour With King Crimson / California Guitar Trio

アコースティックギター3人組、California Guitar Trio、King Crimsonの前座(opening act)のライブアルバム。
僕が初めて彼らを見たのは、まさにKing Crimsonの前座で。それは1995年だったが、これは1999年らしい。
なんとなくその時の感動、つまり今はKing Crimsonより彼らの方がよく聞くし、ライブもなんども行った、を思い出したが、ライブとは言え、アルバムより遥かに速いテンポの演奏はすごい。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年07月20日

The Divide / Tony Patterson - Doug Melbourne

The Divide / Tony Patterson - Doug Melbourne

Genesis tribute band、ReGenesisのメンバー2名によるオリジナルアルバム。
彼らを含むトリビュートバンドには全く興味はないが、この作品は素晴らしい。僕が知ったのはApple MusicのNew Music Mixに出てきたから。ちゃんとプロモーションされればヒットするのではないかな。
Apple MusicのジャンルはRockになっていたが、もっと穏やか。今後の活動に期待したい。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music