2012年08月17日

R151・長野県道18

自宅を出る時、オリオン座が見えていた。

R1200RT
早朝の東名高速は羽虫が雨のように舞っていて、この有様。

NEOPASA浜松
NEOPASA浜松はセルフスタンド。
この写真ではわからないが、右の尾根の上には風力発電が多数。
新東名高速は空いていたので、ほとんどをクルーズコントロールで走れた。

弥六沼
川にたっていた蒸気を撮影したが、わからない。
R151と県道80の交差点から分岐する地図に無い橋にて。

太和金トンネル
太和金トンネルは幅員が狭く、自主的な交互通行。

R151 阿南
歩道と車道を隔てる白い柵をにぎったら、塗料が落ちてグローブについた。

長野県道18 豊丘
長野県道18は、このようにゆったり走れる時もあれば、

長野県道18 中川村
林道のように一車線になってしまうこともある。
ガードレールがあるが、無いこともあり、緊張した。

長野県道18 伊那
長野県道18の最後は、素晴らしい風景になった。
ただし、今回のルートへは気づいていないショートカットがあり、それを通るとここには入らなかった。

道の駅 信州蔦木宿
12時前なのに、道の駅 信州蔦木宿に寄った時、既に雲が怪しい。
時間をかせぐため、小淵沢から中央道。
中央道では外気計が42度になった。いかなる速度を出しても、風が熱いだけ。

サンクルー
富士吉田のサンクルーに着く直前から雨になった。
パンを買っている間に雨が弱くなったので、そのまま出たのが判断ミス。
数百m先のR139で土砂降りになり、軒先を借りてレインウェアを着ることに。
唯一の正しかった判断は、カメラをトップケースに収納していたこと。

山梨県道729
今日後半の変なルートの理由は、ここ、山中湖北岸に来たかったから。
雨で、当然ながら、富士は見えない。

鳥居原園地
雨は、道志村に入ってほどなくやんだ。レインウェアは着たままにしていたが、暑いので宮ヶ瀬で脱ぐ。
雨はこれからと思っていたが、宮ヶ瀬も既に降ったようで、所々路面に水が残っていた。

走行距離600km、平均速度57.1km/h、平均燃費22.2km/l。

東名高速道路 - 新東名高速道路 - 三遠南信道路 - R151 - 県道250 - ? - R151 - 県道18 - 県道209 - 県道210 - 県道209 - R152 - 県道16 - R20 - ≪小淵沢≫ - 中央自動車道 - ≪一宮御坂≫ - R137 - 赤富士通り - R139 - R138 - 県道729 - R413 - 県道64 - 県道60 - 県道63 - ? - R412 - R246

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | R1200RT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57643289

この記事へのトラックバック