2022年03月20日

F900XR受け取り

F900XR
Motorrad Sagamiharaで、F900XRを受け取る。

F900XR
受け取った状態。この文字フォントは気持ち悪いので、すぐに英語モードにしてしまった。マニュアルのフォントは改善されていたのに、こちらまで届いていないのか。

F900XR
R1200RTC400Xと恒例にしてしまった、R413青野原で撮影。

鳥居原園地
鳥居原園地に寄り、帰る。

F900XR
メーター前にETCアンテナとナビゲーションのホルダーがある。

F900XR
トップケースのホルダーが荷台にはまっている。純正品にしては不恰好だ。C400Xはホルダーとタンデムグリップが一体になっていて、交換だった。

F900XR
シート下はぎっちり。工具の先のとぐろを巻くワイヤーは充電ケーブル。R1200RT、C400Xと引き継いできた。
ETCユニットはタンク手前に埋もれており、カードの出し入れは大変そう。

F900XR
R1200RT時代とケースのロック、リリースの操作が変わり、慣れるのにしばらくかかりそう。

アールズ・ギア スタンドハイトブラケット
ディーラーの勧めで、スタンド先端にアールズ・ギア スタンドハイトブラケットをつけている。F900XRはスタンドの傾きが大きいからだ。ただ、水平な地面では立ち過ぎの感じもする。しばらく様子を見よう。
なお、タイヤはMichelin ROAD 5 GTがついていた。GTは重量車向けと思うけれどF900XRにも?

F900XR自体はとても乗りやすい。ただ、初期状態のためか、ニュートラルに入れるのが大変。特に停車してから。
そして、僕にはエンジンもマフラーもうるさい。自宅近くでは注意しないと。
メーターのSportモードはリーンアングル等見れて面白いが、メインスイッチをオフするとリセットされてしまうようだ。BMW Motorrad Connectedアプリには最大値の履歴は残るけど。
鳥居原園地で休憩したら、平均速度と平均燃費がそこでリセットされたようだ。C400Xでは手動リセットしかなかったが、たまたまの現象なのか、仕様が変わったのか。しばらく様子を見るしかない。

posted by Tak at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | F900XR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189411010

この記事へのトラックバック