2019年09月22日

REBORN ART FESTIVAL 2019

石巻市役所前
2年ぶりに開催されたREBORN ART FESTIVAL 2019へ。今回も石巻市役所前のコインパーキングに停車。

A1 海に開く/Zai Kuning、大崎映晋、山内光枝、中沢新一
パスポートを受け取ってから、まずは市街エリアを歩いて回る。

B1 クラスルーム ver.A/青木俊直
青木俊直のクラスルーム ver.A。彼の作品はRTされてくるtweetで見ていたが、単純に楽しい。重なっている期間があるか微妙だが、大学の先輩だった。

サルコヤ
地元から愛されているらしい楽器店、サルコヤ。これだけ個性的なのに前回気づかなかったのはなぜだろう。
前回に比べると、市街の作品は少なかった。
昼食はtrattoria del CENTROで。美味しかったけれども、休日に街に来る人は少ないのか、空いていた。

C1 淡/久住有生
桃浦エリアに移動し、久住有生の淡(あわ)。柔らかそうに見えるけれども、硬い材質。

C2 新たなる空間への道標/草間彌生
草間彌生の新たなる空間への道標。後ろに淡が少し見える。

旧荻浜小学校
今回も廃校になった旧荻浜小学校を使っている。

旧荻浜小学校
作品も良かったけれども、単純にこの配置がいいな。

C12 ぽっかりあいた穴の秘密/増田セバスチャン
一旦登ってまた降りて、下から覗く、増田セバスチャンのぽっかりあいた穴の秘密。iPhone 11 Proの超広角が活きた。

澤乃泉サイダー
酒粕の入っている澤乃泉サイダー。

荻浜エリア駐車場
荻浜エリアへ移動。この辺りの2年前との違いは復興が進んでいるのはもちろん、防波堤があること。

荻浜エリア
このエリアは前回来ていない。駐車場から道を歩いていくと、作品が見えてくる。

D3 きせい・キノコ‐2019/今村源
さらに海岸を歩いて行くと現れる今村源のきせい・キノコ‐2019。

荻浜トイレ
今回はこのエリアで時間切れ。10時過ぎに石巻駅前に着いて、ここで17時。他に3つのエリアがある。さすがに網地島エリアには行けるはずもなかったが。
前回は2日券だったが、今回は期間中に各エリアに1度入れる形式のようだ。期間は残すところ1週間。
個性的な仮設トイレの前で。幸いにして、雨が降り出したのは荻浜エリアの作品群から車に歩いて戻る時。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | V40 D4
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186593994

この記事へのトラックバック