2018年07月29日

台風通過後に走る

燃焼室クレンザー
この時期の高速走行後の一般道でのアイドリング不調を改善させるため、燃焼室クレンザーを入れる。
これの説明には、注入後15から30分はエンジンに最大負荷をかけると効果的、低負荷/高回転での使用は避けろ、とある。いきなり体重を増やすことは難しいので、1速下で走ってみたが、どうなのだろう?

谷村パーキングエリア
台風通過後で、いろいろなところで雨が降っていることはわかっていたので、走って入れば濡れないRTを活かすルートにした。
谷村パーキングエリアで休憩。ここも路面は濡れているし、この後に少し降られた。

富士インターチェンジ
距離を稼ぐために変な方向へ。富士インターチェンジ。
台風が来たりしなければ、もっとまともなルートで距離を走ったのだけど。

鮎沢パーキングエリア
雨を抜け、鮎沢パーキングエリアで休憩。

目標の300kmには届かなかったが、たまたまなのか、燃焼室クレンザーの効果なのか、新湘南バイパスを降りた後にアイドリング不調にはならなかった。
もう少し様子を見よう。

走行距離290km、平均速度72.0km/h、平均燃費23.2km/l。

圏央道 - 中央自動車道 - 東富士五湖道路 - R138 - ? - 県道401 - ≪御殿場≫ - 東名高速道路 - ≪富士≫ - R139 - ≪新富士≫ - 新東名高速道路 - 東名高速道路 - 圏央道 - 新湘南バイパス - R1

posted by Tak at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | R1200RT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184049088

この記事へのトラックバック