2016年03月18日

In Wonderland / Hooverphonic

In Wonderland / HooverphonicHooverphonic、1995年から通算9枚目のスタジオアルバム。
前作後に、ボーカルのNoémie Wolfsが抜けてしまい、主要メンバーのAlex CallierとRaymond Geertsのみになっていた。
Noémieが今までのメンバーに比較して短期で抜けてしまったことで、彼らも考えたのかもしれない。今回は専任メンバーではなく、10曲に対し、5組のゲストボーカルを起用。彼らの曲では初めての男性ボーカルまで。
今まで通りRaymondの演奏は2曲と少なく、ますますAlexの個人プロジェクトになっている。
作曲にはゲストボーカルも参加しているため、今までと雰囲気の異なる曲も多いが、オーケストラが被るのは、やはりHooverphonicだ。10曲で35分足らずが残念。

posted by Tak at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | music
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174534456

この記事へのトラックバック