2022年06月26日

久しぶりにカフェ・プラド、そして慣らし終了

鳥居原園地
最後のはずの下道慣らし運転。鳥居原園地は9時の開店前でも駐車場は開いていた。既に多くのバイクが。

道の駅 どうし
道の駅 どうしも多くのバイクが。隣は偶然にも同じF900XR。ただし、プレミアムラインであるだけでなく、ちょっと見ただけでも、スクリーンを交換し、リヤフェンダーのエクステンションがあり、転倒時のプロテクターも付いていた。参考になる。

長池親水公園
横浜市内から見た時点から、富士には笠雲がかかっていた。写真は長池親水公園から。

長池親水公園
この後、一時的に大雨になるとアプリから警告が出たが、幸いにして降られることはなかった。

カフェ・プラド
とても久しぶりに富士河口湖町のカフェ・プラド。緊急事態宣言等の間は喫茶は休止されていたから。美味しいコーヒーとケーキをいただいた。

道の駅 ふじおやま
静岡県側に行き、道の駅 ふじおやまでも富士の頭は見えない。

F900XR
想定より走れて、慣らし目標の1,200kmを超えた。ただ、雨に濡れなくても、走ればヘッドライトレンズ内が曇る。
さらにガレージにはオイルらしきシミもあったので、初回点検時に確認してもらう。

走行距離190km、平均速度36km/h、平均燃費21.2km/l。

R246 - R412 - ? - 県道64 - R413 - 県道729 - R138 - R139 - ? - [カフェ・プラド] - ? - R139 - R138 - R246

posted by Tak at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | F900XR

2022年06月24日

LIVE IN SCOTTSDALE ON TOUR WITH KING CRIMSON / California Guitar Trio

CLOSURE / CONTINUATION / Porcupine Tree

California Guitar Trioの昨年のKing Crimsonのツアーでの前座公演のライブアルバム。
King Crimsonの前座はとても久しぶりのはず。僕も1995年のKing Crimsonの日本公演が彼らを聴くきっかけになった。
安定の演奏だが、残念ながらメンバーの一人、Hideyo Moriyaはコロナ禍のため参加しておらず、代わりにChapman Stick奏者のTom Griesgraberが参加している。彼は、Bert Lamsと既に共演しており、何ら問題ないものの、Hideyoは早く復帰してほしい。

今回はCDを直接購入したが、Apple Music等でも配信されている。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

CLOSURE / CONTINUATION / Porcupine Tree

CLOSURE / CONTINUATION / Porcupine Tree

ドラムスのGavin Harrisonが最近のKing Crimsonのメンバーであったため気になったPorcupine Tree。初めて聴くのは、今日リリースの13年ぶり作品。
ドラムスはもちろん素晴らしいし、ベース、ギター、キーボードも良い。でもメロディは期待には届かないのが第一印象。
それは歩きながら聴いたからかもしれない。後で落ち着いて座って聴いたら、なかなか良かった。

本投稿では、アルバム名とアーティスト名を/で区切っているが、本アルバムのタイトルは「CLOSURE / CONTINUATION」。

posted by Tak at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年06月18日

スターバックス巡り?

所用の経路で寄っていたら、スターバックス巡りのようになってしまった。
スターバックス 友部サービスエリア(上り線)店
スターバックス つくば店
スターバックス 友部サービスエリア(下り線)店

友部サービスエリア
最後の友部サービスエリアで。西の空が怪しい。

posted by Tak at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | V40 D4

2022年06月12日

所用に合わせてF900XRで

リレーションズ浜松町第1駐⾞場
今日も所用に合わせてF900XRに乗る。天候が大丈夫そうなことを確認した今朝に特Pで予約した駐車場に停めて、ちょっと歩いて用事を片付ける。

県道46
ダラダラと一般道を走るが、怪しい予報があったため早々と帰る。結果として、帰宅して10分もたたずに大雨になった。
写真は県道46。

F900XR
やっと1,000km。

慣らしの残りは200kmを切った。

posted by Tak at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | F900XR

2022年06月10日

11 5 18 2 5 18 / Yann Tiersen

11 5 18 2 5 18 / Yann Tiersen

Yann Tiersen自身の過去作品を再構成したらしいが、それ以上の情報はわからない。そもそも、アルバムタイトルも曲タイトルも、似たような数字の羅列で、意味不明。
曲自体は静かで良いけれど。
最後の曲は、The Beatlesか何かの作品がベースになっている感じがするけれど、肝心の曲タイトルを思い出せない。

posted by Tak at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年06月04日

Mariangela / Mariangela Celeste and Vangelis Papathanassiou

Mariangela / Mariangela Celeste and Vangelis Papathanassiou

1975年作品。Mariangela Celesteはこの時10代のようで、イタリアとギリシャの血筋だそうだ。
Vangelisがアレンジとプロデュース、おそらくキーボードも担当しているが、作曲はしていない。Apple Musicの情報だと、全曲がDenny Beckermannの作曲になっていたが、誤りのようで、11曲中4曲はMariangelaの作曲だ。この時期らしい、良い曲が多い。
Vangelisは最も好みの音楽家だが、先日亡くなった。そのためいろいろな情報が流れようになって、本作品を知った次第。

posted by Tak at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | music