2022年03月26日

F900XRのマニュアルを読む

この週末は手元にF900XRがない、ではなく手元に僕がいないため、ただマニュアルを読んでいる。

F900XRはC400Xと同世代のため、マニュアルも似ているが、具体的な説明がないところも同じ。液晶メーターの具体的な表示内容の説明や、設定値の説明は一切ない。

そして、物を見ながらならばわかるかもしれないことも、文章と図からだけでは難しい。
例えば、以下は英語のPDF版から引用した図だが、「スペアキーまたバッテリーが空になって折りたたんで無線キー1を、リングアンテナ2に潜り込ませす。」と言われても、想像が難しい。
F900XRのマニュアル

ところどころ誤訳も気になる。
「操作焦点」はおそらく英語版での「operating focus」で、訳す必要のないメニュー項目の「My Vehicle」が「私の車両」になっているのは、まだ可愛い。
ローダウン仕様のモーターサイクルでコーナリングを行う場合に、車両部分を通常より早めに起こすことができます。は意味がわからなかった。どうやら該当する英文はWhen a motorcycle with lowered suspension is cornering, certain components can come into contact with the surface at a bank angle less than that to which the rider is accustomed.で、「通常より浅いバンク角で接地する」で全く意味が違う。

さて、エンジンオイルレベル確認時に垂直に立てる必要があるそうで、センタースタンドの無いこのF900XRには厳しい。当面は二人がかりで見るしかなさそう。フロントブレーキフルードオイルも垂直に立てる必要があるそうだが、これはバイクにまたがったままで見れるだろうから、おそらく大丈夫。

マニュアルではないが、BMWが使う用語は個性がある(要はおかしい)のも気になる。液晶メーターは「TFTディスプレイ」。それでは単に液晶の種類だけど。
また、Bluetoothで表示される名前は「ICC6.5in」。どう見ても開発コード。せめてバイクの名前にならないものか?
これらはC400Xでも同じだった。

先週も書いたように、C400Xの時は中国語フォントで日本語表示のため読みづらくて気になったが、F900XRでは修正された。しかし、いまだにメーターの表示はおかしいまま。
下の写真では「航続距離」が「航続距離」になっているのがわかりやすい。細かくはハネの方向が違うが、糸偏の下側が異なるのが大きな差異。気にならない人は気にならないだろうけど。
F900XR

posted by Tak at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | F900XR

2022年03月20日

F900XR受け取り

F900XR
Motorrad Sagamiharaで、F900XRを受け取る。

F900XR
受け取った状態。この文字フォントは気持ち悪いので、すぐに英語モードにしてしまった。マニュアルのフォントは改善されていたのに、こちらまで届いていないのか。

F900XR
R1200RTC400Xと恒例にしてしまった、R413青野原で撮影。

鳥居原園地
鳥居原園地に寄り、帰る。

F900XR
メーター前にETCアンテナとナビゲーションのホルダーがある。

F900XR
トップケースのホルダーが荷台にはまっている。純正品にしては不恰好だ。C400Xはホルダーとタンデムグリップが一体になっていて、交換だった。

F900XR
シート下はぎっちり。工具の先のとぐろを巻くワイヤーは充電ケーブル。R1200RT、C400Xと引き継いできた。
ETCユニットはタンク手前に埋もれており、カードの出し入れは大変そう。

F900XR
R1200RT時代とケースのロック、リリースの操作が変わり、慣れるのにしばらくかかりそう。

アールズ・ギア スタンドハイトブラケット
ディーラーの勧めで、スタンド先端にアールズ・ギア スタンドハイトブラケットをつけている。F900XRはスタンドの傾きが大きいからだ。ただ、水平な地面では立ち過ぎの感じもする。しばらく様子を見よう。
なお、タイヤはMichelin ROAD 5 GTがついていた。GTは重量車向けと思うけれどF900XRにも?

F900XR自体はとても乗りやすい。ただ、初期状態のためか、ニュートラルに入れるのが大変。特に停車してから。
そして、僕にはエンジンもマフラーもうるさい。自宅近くでは注意しないと。
メーターのSportモードはリーンアングル等見れて面白いが、メインスイッチをオフするとリセットされてしまうようだ。BMW Motorrad Connectedアプリには最大値の履歴は残るけど。
鳥居原園地で休憩したら、平均速度と平均燃費がそこでリセットされたようだ。C400Xでは手動リセットしかなかったが、たまたまの現象なのか、仕様が変わったのか。しばらく様子を見るしかない。

posted by Tak at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | F900XR

2022年03月19日

A Journey… / Hinako Omori

A Journey… / Hinako Omori

Hinako Omori (大森日向子)の初のフルアルバム。Apple MusicでのジャンルはElectronicだが、ゆったりとした柔らかい音、そしておそらく彼女の美しいボーカルが入る。包み込まれるような感じ。
Bandcampの解説によると、彼女は横浜生まれで、3歳でUKに渡り、ロンドン在住だそうだ。

posted by Tak at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年03月12日

Bubry Road / Stone Age

Bubry Road / Stone Age

フランスのグループ、Stone Ageの今月発売作品。
僕が持っているアルバムは25年くらい前のはずだから、失礼ながらまだ活動しているとは思わなかった。
とは言え、このアルバムは15年ぶりらしい。
変わらずの彼ららしいケルト風ポップミュージック。

posted by Tak at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2022年03月06日

葉山

もとまちユニオン 葉山店
もとまちユニオン 葉山店のコインパーキングにV40を停める。

UNDER THE PALMO
葉山らしい狭い道を歩いてから、UNDER THE PALMOへ。

UNDER THE PALMO
眺めと食事を味わった後、

UNDER THE PALMO
今日の目的、友人の写真家、ミヤジシンゴさんの作品展。一色海岸の情景を味わう。
帰りは海岸を楽しんで歩き、最後は葉山旭屋牛肉店でコロッケ等を購入。

posted by Tak at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | V40 D4