2019年12月27日

三浦半島

C400X
Motorrad Shonanでトップケースを受け取った。想像より小さい。

馬堀海岸
慣らし中のため、だらだらと下道を馬堀海岸に来た。
岸壁の絵がなくなったと思っていたが、勘違い。もっと手前にはあった。
雲の変な筋がこのあとを物語る。

三浦市南下浦町松輪
観音崎を過ぎた辺りから、雨が降り出した。汚れなき車体の時期はこれで終了。
いつもの場所で撮影。奥に薄く虹が見える。

ブレドール
さらにだらだらと走り、湘南国際村を抜け、久しぶりにブレドールでパンを買う。

C400X
前回、初日の走行時にバッテリー残量が50%を切ったと言われた、無線キー。いきなり、残りが無くなったようだ。

C400X無線キー
仕方ないので、電池を交換するが、マニュアルには「カバーを押し上げる」としか書かれておらず悩んだ。物理キーを出した隙間から押し上げれば良いのだった。

走行距離120km、平均速度28km/h、平均燃費26.3km/l。

[Motorrad Shonan] - R467 - ? - 環状4号 - R16 - 県道209 - ? - 県道209 - 県道210 - R134 - 県道215 - ? - 県道26 - R134 - 県道217 - 県道27 - R134 - ? - 県道30 - R1

posted by Tak at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | C400X

2019年12月22日

C400Xマニュアルの日本語が残念

C400Xのマニュアルを読み出して、すぐにとても残念なことに気づいた。
翻訳がひどいのは以前からの伝統だが、今回はさらに文字フォントが中国向け。
下の画像はMacで作成し、上段がマニュアルで使われているものに近い中国語フォント、下段が本来の日本語フォント。適当に選んだら似ているので、おそらくマニュアルもヒラギノ系のフォントを使っていると思う。
C400Xマニュアル文字
おかしな文字を赤字、大きな差異がある字はさらにアンダーライン。わかりやすいのは糸偏。さらに直とか画は字が異なる。その他細かな違いは多数。平仮名は中国語にないから、同じ。
大きく異なる字は、小学生の漢字のテストだと間違いになるレベルではないだろうか。
もちろん読めるが、僕にはとても読みにくく、全角文字のアルファベットで英語を読まされているのと似た感じ。

残念なのは、こんなことはコスト削減のはずはなく、単にBMWの無知・無理解・無配慮でしかないと思われるから。ネイティブでなくとも日本語をちゃんと勉強した人がいれば気付くこと。
アルファベット圏の人にはわかりにくいかもしれないが、ドイツ語を表現するときにウムラウト等一切無しを想像すれば、なんとなく理解できるのでは?
バイク自体は素晴らしいにも関わらず、付属品まで気を配れないようではプレミアムブランドとは思えず、とても残念。
C400Xは中国生産だが、本件はそれとは明らかに関係なく、設計・監督するBMWの問題。

さて、さらに恐ろしいのは、今度発売されるF900系でやっと実現されるメーターディスプレイの日本語表示も同じフォントらしいこと。次のTweetにつけられた写真を見てゾッとした。
小さいことと思わないでほしい。運転中に瞬時に判断するかもしれない情報だ。

posted by Tak at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | C400X

2019年12月21日

いわき市辺りのイルミネーションを見る

ワンダーファーム
今年もワンダーファームから。左のトマトは常設。

ワンダーファーム
なぜか浦島太郎と竜宮城らしい。

ウィンターイルミネーションならは 2019
続いて天神岬スポーツ公園に行き、ウィンターイルミネーションならは 2019。

ウィンターイルミネーションならは 2019
今年もとても美しい。

ウィンターイルミネーションならは 2019
一番奥の木にはたくさんのLEDがつけられていた。美しいが、木は大丈夫だろうか。
根元におじさんがずっと屈み込んで、アニメか何かのフィギュアを配置しようとしていた。占有はだめだよね。

ならはCANvas
ここなら笑店街と同じ敷地にあるならはCANvas。建物が美しい。

posted by Tak at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | V40 D4

2019年12月15日

R1200RTからC400Xに乗り換え

C400X - R1200RT
Motorrad ShonanでR1200RTからC400Xへ乗り換え。

C400X
R1200RTの初日のように、R413青野原まで行ってみた。
この少し先から、台風被害で未だ不通。

C400X
宮ヶ瀬で。
当然だが、RTより風を浴びるので寒い。特に手。ただし、グリップヒーターもシートヒーターも付いている。

C400X
液晶ディスプレイは、標準(なぜかBMWはそれをPure Viewと呼ぶ)では速度が大きく表示される寂しいモードなので、この写真のUrban (この名前もなんだが)で、エンジンの回転を見て走っていた。

C400X
ナンバーのボルトの飾りは、Motorrad Shonanの所属グループのロゴか?

C400Xキー
キーレスエントリーは楽だが、いろいろな操作で戸惑う。

仕様は、色はゼニス・ブルー・メタリック、液晶メーター等のハイライン、さらに液晶保護フィルムをついでに(上の写真でBMW Motorradとあるのがそれ)。トップケースも発注してあるが、キーシリンダーが届かなかったため、今日時点では大きなキャリアのみ。さらにガラスコーティングしてある。

まだウィンカーの操作は慣れないし、とても久しぶりなテレスコピックサスペンションにもまだまだ。でも、これほど軽くて足が届くのが楽とは。
意外にもエンジンブレーキが効く。ラジエーターのファンはうるさい。サスペンションは固いが、しばらく様子を見よう。どこかで滞留していたのか、リモートキーの電池が50%以下になった警告メッセージが早速表示されてしまった。
iPhoneのアプリ、BMW Motorrad Connectedは日本語に対応していないのはともかく、すぐに終了してしまうようで、C400Xとの連携が取れない。もう少し調べてみよう。
そもそもBluetoothの名前は"ICC6.5in"で、せめてバイクの名前にしてほしい。
また、日本語マニュアルのフォントは中国語向けで違和感あり。どうしたことだろう?

走行距離100km、平均速度32km/h、平均燃費27.0km。

R467 - 県道22 - 県道46 - 県道43 - ? - 県道601 - 県道43 - 県道60 - R412 - R413 - R412 - 県道513 - 県道64 - 県道60 - 県道63 - ? - R412 - R129 - R246

posted by Tak at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | C400X

2019年12月13日

Portrait / Yann Tiersen

Portrait / Yann Tiersen

フランスのミュージシャン、Yann Tiersenの過去作品を新規に録音したアルバム。
僕は何となく購入した1995年の作品を持っているが、それからも数曲入っていた。
静かな曲が多いが、曲風は一様ではなく、飽きない。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年12月08日

C400X納車に備え

C400Xの納車日は決まり、既に車検証の写しも入手した。
ナンバーや車台番号がわかるので、任意保険の切り替えも可能だ。

車台番号がわかれば、BMW Motorradのサイトから容易にモデルを選択し、ライダーマニュアルをダウンロードできる(今は、MENUからサービス→オーナー・プログラム→Rider manual)。C400Xは日本語マニュアルはないが、事前研究には十分。でも、TFT displayはわかりにくいと言うか、不十分な内容しか書かれていないようだ。

TFT displayと連携する、スマホアプリBMW Motorradコネクテッドアプリをダウンロード。ちょうど先日、バージョン2.0.0が出ているものの、日本語化はまだ。英語の契約条件は確認したので、実車と接続するだけだ。カーナビは使い物にならなくても、バイクの走行履歴など取れたら、とりあえずは面白そうだ。

posted by Tak at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | C400X

2019年12月01日

冬タイヤに交換

ボルボ・カー 横浜西口
11月25日に100,000kmを超えたV40 D4、ボルボ・カー横浜西口で預けていた冬タイヤに交換。

posted by Tak at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | V40 D4