2019年11月17日

Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島

三笠公園
猿島で開催されているSense Island -感覚の島- 暗闇の美術島へ行くため、三笠公園へ。

猿島
船からは、羽田空港に向かう飛行機の明かりが繋がっているのが見えた。

猿島
猿島へ到着。中ではスマホを封印されるため、写真はない。それどころか、時計も無くなったのが困ったが、係員がたくさん立っているので聞くことができた。

02 prism / 博展
スマホ封印前後にある作品、prism。

猿島
19時30分発の便できて、21時発の便で帰る。最終便は21時半。

島内では、乗船手続き順にグループ分けされ、最初の説明をグループで受けた後、小さな懐中電灯を渡されて巡る。
作品は10点以上あり、普通味わえない真っ暗闇を体験できてよかった。
林のなかで何やらゴソゴソ音がするのは、ちょうどいた係員に聞いたところでは、小動物がいるらしい。ある作品横の壁にはムカデがいた。
一方通行であるのと、逆に暗いためか、あっさり見てしまった感じ。
もう少し暗闇に適した作品が多い方が良いのではないだろうか。上のprismのような光る作品は少なかった。
静かな暗闇でじっくり味わうのも良いのだが、作品数の割には帰りの便の都合もあり、時間が限られている。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | misc

2019年11月15日

Starfields / Maggie Reilly

Starfields / Maggie Reilly

Moonlight Shadow等の1980年代Mike Oldfield作品での美しいボーカルで有名なMaggie Reillyのソロアルバム。
写真ではすっかり綺麗なおばあちゃんになっているけれども、声は変わらず美しい。

posted by Tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年11月10日

白水阿弥陀堂 紅葉ライトアップ

白水阿弥陀堂
2年ぶりに白水阿弥陀堂 紅葉ライトアップ。
写真はまだ開門前。欄干の明かりがチラチラと美しい。

白水阿弥陀堂
後で見たら、今時なので電球のようだ。

白水阿弥陀堂
中は混雑。

白水阿弥陀堂
地面に置かれた灯りの影が美しいのは毎度だが、以前と違うパターンになった。

白水阿弥陀堂
本当に美しいのは池に反射する姿。

白水阿弥陀堂
周囲は10月の水害の被害を受けたはずで、池周囲の道にもダメージがあったが、開催してくれたのはとても嬉しい。

posted by Tak at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | misc

2019年11月03日

スマートイルミネーション横浜2019

スマートイルミネーション横浜2019
今年もスマートイルミネーション横浜2019を見にきた。

P4 ひかりの実2019「防災の樹」 / 横浜市建築局建築防災課
これも恒例の「ひかりの実」。単純に美しくて良い。

A18 シルクルーム / 多摩美術大学 × ヒビノ株式会社
A18 シルクルーム / 多摩美術大学 × ヒビノ株式会社、光が良い。

みなとみらい
なぜかインターコンチネンタルホテルから光が。

A11 Waves / 東京大学 筧康明研究室
A11 Waves / 東京大学 筧康明研究室、シンプルな光が良い。

A4 Movement act / 小野澤峻
A4 Movement act / 小野澤峻、アーティスト自ら操作と説明。16個の球が当たらずに行き来する。すごいのだが、最初はうまくいかず、装置の調整になったのはご愛敬。

浮世絵アートウイーク2019
日本大通では「浮世絵アートウイーク2019」なる展示。ラグビーワールドカップで日本に来た人が、どれだけ見てくれたのだろうか。

posted by Tak at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | misc

アネスト岩田ターンパイク

中井パーキングエリア
この先から東名高速がひどい渋滞なので、確認のために中井パーキングエリアに入る。下りは久しぶりに来た。バイクの標識が、かなりリアル。
東名高速で行くのは諦めて、R255から箱根新道を行くことにした。

白銀展望駐車場
アネスト岩田ターンパイクでは、いつもの大観山の駐車場で写真を撮りたかったが、何かのイベントで貸し出し中。
僕が通った時間は、ちょうど富士の頭は隠れていたけれども、残念。
少し降りた、白銀展望駐車場で撮影。

この後、西湘バイパスで合流する時に、ひどいミスをしてしまった。幸いにして物理的にも肉体的にもダメージはなかったが、相手に非常に迷惑をかけた。反省。

走行距離130km、平均速度36.3km/h、平均燃費19.6km。

東名高速 - ≪大井松田≫ - R255 - ? - R1 - 箱根新道 - 県道75 - アネスト岩田ターンパイク - 西湘バイパス - R134 - 新湘南バイパス - R1

posted by Tak at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | R1200RT

2019年11月01日

東京モーターショー2019

東京モーターショー
東京モーターショー2019を見る。
東京オリンピックの影響で、建物が少し離れた複数箇所になったためか、入場証のネックバンド。
一度つけると、外せない構造で、後で切断することに。どうりで、入口にはきつくしないようにと書いてあるわけだ。

RC211V
意外にも混雑していたので、車はほとんど見なかった。
写真はホンダがモータースポーツの主要車両を展示していたエリアのRC211V。背景のNicky Haydenが泣ける。

TRICITY300
前2輪スクーターは気になっているのだが、ヤマハのそれは格好悪い。TRICITY300も僕にはだめだ。

AA-1
ADIVA改めaidiaの電動前2輪スクーター。このデザインは比較的良いと思うが、ピリオンシートが狭そう。
ADIVA時代の外見そのままだが、権利関係は大丈夫なのだろうか。

Super Cub
有明エリアと青海エリアを結ぶOPEN ROADには、いろいろな車両が展示されていた。
写真はMotoGPレーサー、Marc Márquezが乗ったSuper Cub。

FUTURE EXPO バーチャル警備システム
今年の東京モーターショーで、最もわからなかったのが、MEGA WEBのFUTURE EXPO。これはセコムのバーチャル警備システム。
モーターショーを名乗るならば、FUTURE EXPOのほとんどは関係ないし、関係あるようにするならば別のショーにすればいい。

トミカワールド
やっぱり、東京モーターショーではトミカだよね。

posted by Tak at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | misc

2019年10月27日

The Seashell and the Clergyman / In the Nursery

The Seashell and the Clergyman / In the Nursery

In the Nursery、10月25日作品。彼らの作品は初めてではないのだが、唯一持っているのが、なんと1988年作品。
本作品は、1988年作品に比べると、かなり静か。この作品だけなのか、彼らが変わってきたのかは、この30年間の多数の作品を確認しないとわからない。
いずれにしても重い感じは気に入った。

posted by Tak at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | music

2019年10月26日

葉山

神奈川県立近代美術館 葉山
神奈川県立近代美術館 葉山へ。

KAJ FRANCK - GEOMETRY
カイ・フランクを見る。彼の作品、主として食器類、は現代でも十分に通用し、使ってみたい物が多い。
併催されている音をみる、色をきく 美術が奏でる音楽は、特に吉村弘の作品が良かった。

神奈川県立近代美術館 葉山
海辺ならではの注意。

柴崎
海沿いを歩いていると、ちょうど日没。富士の頭が目立たないのが残念。

posted by Tak at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | misc

2019年10月20日

馬堀海岸

馬堀海岸
当初は来週に乗るつもりだったが、天候が怪しくなったので、急遽。ターンパイクに行くことも考えたが、東名高速が11kmの渋滞でやる気を失い、ほとんど横浜横須賀道路を往復するだけの安直なルート。

馬堀海岸
馬堀海岸 防波堤の作品は無くなったのだろうか?

鴨居港
今の鴨居港は穏やかだが、砂浜には台風Hagibisの影響と思われる漂着物が多数。

鴨居港
iPhone 11 Proの超広角は解像度が低いが、面白い。

走行距離90km、平均速度65.1km/h、平均燃費23.8km/l。

横浜横須賀道路 - ≪馬堀海岸≫ - R16 - 県道209 - ? - 県道209 - 県道208 - ≪浦賀≫ - 横浜横須賀道路

posted by Tak at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | R1200RT

2019年10月19日

いすゞプラザ

いすゞプラザ
前から気になっていたいすゞプラザへ。
土曜日のみは予約無しで見学できるのだ。

いすゞプラザ
館内のバスの行き先表示ディスプレイの「みて ふれて のって たいけん」は、まさにここの狙い。

いすゞプラザ
歴代の名車エリアの特に古い車がかわいい。

いすゞプラザ
その隣の1/43模型によるいすゞ車両の歴史もすごい。

いすゞプラザ
最も圧巻なのは、ジオラマ。仮想都市の1日の中でいすゞ車の活躍を示している。
車両は単純に動くだけではなく、ウィンカー、テールランプ、ヘッドランプ、非常灯が点灯する。
写真は日暮時。

エルフ
最後は60年を迎えた、エルフの特別展示。

子供も大人も楽しめる、とても素晴らしい展示だった。時間をあけて、また来ようと思う。

posted by Tak at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | V40 D4